COCONUT CLUB こだわりのリゾートで過ごす至福のひととき

トップページ > 南の島の魅力 > スリランカ > スリランカの治安について

スリランカの治安について

スリランカの治安は悪いのか?

スリランカといえば2004年に起きたスマトラ沖地震、そして2009年に起きた内戦など、
色々な問題から治安の面で心配されている旅行者の方も多いとは思いますが、
実際問題として現在のスリランカはどんな状態になっているのでしょうか?
スリランカは25年以上の内戦が続いたことで内戦の地というイメージが現在でも色濃く残っていますが、
治安としてはイメージほど悪いものではなく、現在では年間で120万人の旅行者が訪れるほど有名な観光地して賑わいを見せています。
一昔前の内戦の問題を反省点として挙げて、それを繰り返すまいと厳しい取り締まりを設けているスリランカは治安も非常によく、
外国人旅行者も安全に観光できる地に発展を遂げているのです。

スリランカの旅行は詐欺や窃盗の犯罪に注意すること

そんなスリランカ、旅行者にとって1つ注意しなければならない問題があります。
それは詐欺と恐喝の犯罪に巻き込まれる恐れがあるということ。
治安は非常によく日本人旅行者も多く訪れるスリランカですが、
この旅行者を狙った犯罪はまだまだ多いので、
安全に旅行を楽しむならば安易に原住民の言葉を信用しないようにしましょう。
例えば外国人旅行者に格安で観光地を案内すると偽るガイド詐欺、
タクシーのような乗り物を利用した際に高額な料金を請求してくるトゥクトゥク詐欺など、
外国人旅行者を狙った様々な詐欺が横行しているので、
親切に声をかけてくれるからといってその言葉を鵜呑みにするのは危険です。
またホテルを利用する際にも注意が必要。
例えばロビーで待っている時にカバンを手から放すと、一瞬の隙にそれを盗む犯罪も急増しています。
高級ホテルだから安心、という考え方で旅行をするのではなく、
どんな時でも貴重品は肌身離さず持ち歩くことを忘れてはいけません。
そのマナーさえ守っていればスリランカでも安心安全に旅行を楽しむことができるでしょう。