COCONUT CLUB こだわりのリゾートで過ごす至福のひととき

トップページ > 南の島の魅力 > ニューカレドニアの魅力やメリット > ニューカレドニアでのマナー

ニューカレドニアでのマナー

多様な文化を持つビーチリゾート

天国に一番近い島といわれるニューカレドニア。
一年中初夏のように爽やかで過ごしやすいリゾート地です。
一般的に10~11月頃がベストシーズンで、ダイビングするなら
10~4月頃が狙い目です。7~8月頃は朝晩冷え込むことがあるので、
長袖の上着を持参したほうがよいでしょう。
治安は比較的良いといわれていますが、公用語がフランス語で
ホテルやレストラン以外では英語は通じないことが多いで注意しましょう。

習慣・エチケット

【ファッション】
玄関口となっている首都ヌメアはフランスの雰囲気が漂う洗練された街で、
ショッピングやグルメが楽しめる都会です。
普通ビーチリゾートというとビーチサンダルで出かけるというイメージですが
ヌメアに行くなら準正装の服装を用意していきましょう。
準正装とは襟のついた上着と靴(革靴がお勧め)のことです。
地元の人でもレストランなどで食事をするときは準正装のような改まった服装が多く、
くだけた服装で来店すると場違いな印象となります。
とくにフランス料理店やカジノへ行く時には正装か準正装がお勧めです。

【写真撮影】
人や建物の写真を撮るときは相手に了承を求めることがマナーです。
ニューカレドニアの人々はきさくなので、言葉が通じなくても
身振り・手振りで伝えればほとんどの場合、撮影を許可してくれます。
神聖な場所などは勝手に部外者が立ち入ることも禁止されている場所もあるので、
事前に旅行社や地元の人に聞いておきましょう。

【チップ】
レストランなどでは、あらかじめサービス料が含まれていることもあり、
基本的にはチップは必要ありませんが、笑顔で「メルシー」と言って
感謝を伝えるようにしましょう。
但し、良いサービスを受けたと思ったら、満足した分だけチップを渡しましょう。

【交通手段】
ヌメア市内の路線バスは平日6:00~19:00頃に運行しており、
週末は本数が少なくなります。1回のみの乗車チケットはバスの運転手から購入しますが、
市内各地に設置してある自動販売機で買えば割安になります。

【タクシー】
ココティエ広場の南側にタクシースタンドがあるので覚えておきましょう。
ホテルやレストランなどはそれ以外の場所はタクシーを呼んで貰いましょう。
呼び出す場合は呼び出し料が加算されます。
また、祝日は料金が割増になるのでご注意ください。
離島ではタクシーなど公共の移動手段がないため、事前に手配が必要です。